Youtubeやツイッターなど他メディアで利用する場合、当サイトへのリンクを入れていただければ報告の必要は必要ありません。

時代背景

ツチノコ観察日記における関連人物

木之倉左之介 大日本理化学研究舎(現理化学研究所の前身)に在籍し、有機リン系致死性ガスの研究・開発に従事。 ツチノコを1年間飼育し、その観察記録を残す。 太田喜三郎 大日本理科学研究舎の上席研究員。こ […]

ツチノコ捕獲時の時代背景

ツチノコ観察に訪れる仲間たち ツチノコが捕獲された昭和17年は、太平洋戦争の真っただ中。 6月5~7日にかけてのミッドウェー海戦で、日本軍は赤城、加賀、蒼龍、飛龍の4空母と艦載機390機を失う大敗を期 […]