Youtubeやツイッターなど他メディアで利用する場合、当サイトへのリンクを入れていただければ報告の必要は必要ありません。

土器や古文書に見るツチノコ

縄文土器のツチノコ 長野県立歴史館に所蔵されている「富士見町札沢遺跡」出土の土器には、装飾部分にツチノコらしき生物を見ることができる。 この縄文時代の土器は動物装飾付釣手土器と呼ばれ、釣手部分にヘビや […]

【UAM】ツチノコとはなにか

ツチノコとはUMAの一種 ツチノコとは、その名の通り鎚(ツチ)に似た形態の胴が太い蛇とされ、北海道と南西諸島を除く日本全国で目撃例がある。 一般的な木槌であれば餅つきに使用するタイプが連想されるが、一 […]

ツチノコ観察日記における関連人物

木之倉左之介 大日本理化学研究舎(現理化学研究所の前身)に在籍し、有機リン系致死性ガスの研究・開発に従事。 ツチノコを1年間飼育し、その観察記録を残す。 太田喜三郎 大日本理科学研究舎の上席研究員。こ […]

ツチノコ捕獲時の時代背景

ツチノコ観察に訪れる仲間たち ツチノコが捕獲された昭和17年は、太平洋戦争の真っただ中。 6月5~7日にかけてのミッドウェー海戦で、日本軍は赤城、加賀、蒼龍、飛龍の4空母と艦載機390機を失う大敗を期 […]

2パターンの威嚇行動

体を持ち上げる威嚇 ツチノコは、普段土の奥深くへ潜っていることもあって、たいていはおとなしい。しかし、観察のために何度もツチノコを土中から掘り起こしたところ、威嚇行動をとることが確認された。 まず、尾 […]

ツチノコの毒について

毒の採毒に成功 ツチノコの毒について、大日本理化学研究舎に籍を持つ益岡岩三郎が調査を行った。彼は、これまで沖縄のハブや本州に多く生息するマムシについて採毒の経験を持つ人物である。 いくら再毒の経験を持 […]

カテゴリ最新記事